ADC

管理者パーティションでのNetScaler ADC構成サポート

NetScaler ADC構成は、次の3種類の構成に分類できます。これは、Citrix の構成と構成が実行されるパーティションによって異なります。

  • NetScaler ADCクラスターで管理パーティションを設定することはできません。これは、NetScaler ADCクラスターをパーティション化できないことを意味します。
  • Citrix ADC 14000 FIPS アプライアンスでは管理パーティションはサポートされていません。
  • ケース3は 、管理パーティションでサポートされていないNetScaler ADC機能を示しています。
  • 負荷分散テンプレートは、管理パーティションではサポートされません。

ケース 1 (グローバル構成)

デフォルトパーティションでのみ実行でき、使用可能な設定、またはすべての管理パーティションに影響する設定。

管理者パーティションのグローバル設定

  • モニタ、TCP プロファイル、HTTP プロファイルなどの組み込みエンティティの更新。
  • syslog、NSLOG、ウェブログ、コンテンツスイッチング、IPSEC、SIP、DHCP、サージ保護、TCP バッファリング、およびシステム収集のグローバルパラメータの更新。
  • 高可用性(HA)構成
  • インターフェイスと VLAN の変更
  • ユーザー構成

ケース 2 (パーティション固有の構成)

デフォルトパーティションと管理パーティションで独立して実行できる設定。これらの構成は、実行されているパーティションにのみ適用されます。

管理者パーティション固有の構成

  • パーティションのトラフィックレベルの統計情報の取得。
  • パーティション管理者は、そのパーティションにバインドされている VLAN の IP バインディングを更新できます。ただし、インターフェイスバインディングを更新することはできません。
  • NetScaler ADC構成をクリアします。
  • AppFlow、AppQoE、HTTP 圧縮、DNS、TCP、HTTP、暗号化、レスポンダ、書き換え、SSL の機能固有のパラメーター。
  • 仮想サーバ、サービス、モニタなどの機能固有の構成。

ケース 3

管理パーティションでは実行できない設定。これらの機能はデフォルトパーティションで設定できますが、管理パーティションには影響しません。

管理者パーティションタイプ

注:

特定のリリースの管理パーティションでサポートされている設定は、 Yesとマークされます。

フィーチャコンポーネント NetScaler 機能 NetScaler 12.1 NetScaler 13.0 NetScaler 13.1 NetScaler 14.1
ネットワーク トラフィックドメイン 番号 番号 番号 番号
ポリシー 拡張性 はい はい はい はい
負荷分散 DBS Autoscale はい はい はい はい
負荷分散 DNSSEC はい はい はい はい
負荷分散 Diameter はい はい はい はい
負荷分散 RTSP 番号 番号 番号 番号
負荷分散 Sure Connect 廃止済み 廃止済み 削除 削除
負荷分散 オートスケールサービスグループ はい はい はい はい
管理性 RBA 外部認証 はい はい はい はい
管理性 RISE Cisco 番号 はい はい はい
管理性 ACI-Cisco はい はい はい はい
管理性 AppExpert はい はい はい はい
管理性 HDX Insight 番号 番号 番号 番号
管理性 インサイト 番号 番号 番号 番号
VPN Citrix CloudBridge Connector 番号 番号 番号 番号
VPN NetScaler Gateway またはSSL VPN 番号 番号 番号 番号
VPN SSL VPN ICAプロキシ 番号 番号 番号 番号
VPN NetScalerのウェブインターフェイス 番号 番号 番号 番号
SSL SSL プロファイル はい はい はい はい
SSL SSL-FIPS 番号 番号 番号 番号
SSL 外部HSM 番号 番号 番号 番号
インフラ キャッシュリダイレクト 番号 番号 番号 番号
インフラ 統合キャッシング はい はい はい はい
ネットワーク VXLAN はい はい はい はい
ネットワーク グレースフルシャットダウン はい はい はい はい
ネットワーク LSN 番号 番号 番号 番号
ネットワーク IPv6レディロゴ はい はい はい はい
ネットワーク vPath はい はい はい はい
負荷分散 Datastream はい はい はい はい
ログ Webログ はい はい はい はい
ネットワーク L2 Param/L3 Param はい はい はい はい
ネットワーク GREトンネル はい はい はい はい
ローディングバランシング スクリプト可能なモニタリング はい はい はい はい
負荷分散 GSLBか はい はい はい はい
インフラ 接続ミラーリング はい はい はい はい
インフラ FEO はい はい はい はい
インフラ Nsトレース はい はい はい はい
負荷分散 優先度によるキューイング 廃止済み 廃止済み 削除 削除
ネットワーク HDOSP 廃止済み 廃止済み 削除 削除
ネットワーク ネットプロファイル はい はい はい はい
ネットワーク ネットワーキング (制限付き機能) はい はい はい はい
ネットワーク VRRP (制限付き機能) はい はい はい はい
ログ 監査ロギング(SYSLOG-TCP、Syslog サーバの LB、SNIP サポート、および Syslog の FQDN サポート) はい はい はい はい
VPN NetScaler Gateway 番号 番号 番号 番号
VPN AAA-TM はい はい はい はい
AppFlow AppFlow はい (IPFIX のみ) はい はい はい
AppFw アプリケーションファイアウォール 番号 番号 番号 番号
URL 変換 URL 変換 番号 番号 番号 番号
負荷分散 TCPバッファリング 番号 番号 番号 番号
ポリシー OCSP レスポンダー はい はい はい はい
監査ログ SYSLOG-TCP はい はい はい はい
最適化 フロントエンド最適化 はい はい はい はい
AppQoE AppQoE はい はい はい はい

前の表では、管理パーティション設定の「 制限付き機能 」としての機能の一部を示します。次のセクションでは、 一部の機能が制限付き機能として言及されている理由について説明します

  • VRRP。VRRP は、次の理由により、管理パーティションの [制限付き機能] です。

    • VRID の追加または削除は、デフォルトのパーティションコンテキストからのみ実行できます。ただし、VRID が作成されると、デフォルト以外のパーティション内で使用できます。

    • VRRP 機能は、専用 VLAN でのみサポートされます。

    • VRRP 機能は、管理パーティションで使用される共有 VLAN ではサポートされません。内部でブロックされています。設定中にエラーメッセージは表示されません。プロトコルは、デフォルトパーティションまたは任意の管理パーティションにバインドされた共有 VLAN(タグ付きまたはタグなし)でブロックされます。

重要

VRRP を使用したアクティブ/アクティブ展開をサポートするには、メイン VIP とバックアップ VIP で同じ VRID を使用する必要があります。異なる VRD は使用できません。

  • ネットワーキング。一部のネットワーク構成(L2 Param および L3 Param)は、パーティションコンテキストでサポートされていないか、有効ではありません。このような構成に遭遇すると、次のエラーメッセージが表示されます。「エラー:この設定オプションは、デフォルト以外のパーティションではサポートされていません。」
管理者パーティションでのNetScaler ADC構成サポート